食べたり話したり、雑誌の記事を見るだけでもテンションがあがる食べ物、それがパンです。
パンと一言で言っても、ハード系のパンからソフトなもの、甘い味から惣菜系のパン、サンドイッチやホットドッグなどトッピングや具材を挟んでいるものまで、幅広い種類があります。また、しっとりしたパン、硬いパン、モチモチとした触感など触感だけとっても様々で、一生を通しても食べきれない種類があるのだと思います。
パン好きな私は、総菜パンはここ、ハード系ならここ、朝食パンならここ、と決めたパン屋があり、さらに美味しいと評判のパン屋さんがあれば買いにいきます。
ついつい買いすぎて2日にわたって食べることもありますが、その際は日が経っても美味しいかどうかもわかるので、食べる時間や経過時間などから食べ方を考えるのも面白いです。
また、パン屋さんによって一押し商品や得意な種類があり、商品に差があることも多いため食べたり買いに行くときは、事前にそのお店の人気商品を調べていくことをおすすめします。同じブランドのお店でも、店舗によって味が違い残念な思いをしたこともあります。店舗それぞれで焼いている場合は、どうしても味が変わってくるので、人の数だけパンの味もあるんだなっと痛感します。
1つの胃袋しかなく、食べれるパンの数には限りがあるため、できるだけ厳選して食べることが重要だと自身に言い聞かせてこれからもパンを食べています。痩せマッチョになるには筋トレだけでなくサプリも