嫌いな食べ物ってある日突然克服できることがありますよね。私の場合は日常的に我慢して食べていることと、飢えた・のどが渇いた時に食べることという2つの条件を満たした場合に克服できることが多い気がします。

私はもずくが大嫌いでした。すっぱくて食べづらいからです。それが克服できたのは中学に通っていた時です。部活で疲れて家に帰るなり眠ってしまい、晩御飯の時間に起こされたのですが、真夏に飲まず食わずで寝たため喉はカラカラ、お腹もペコペコでした。そんな時にもずくを口にしたらびっくりするほど身体に染みこんでいくのを感じたんです。それ以来、もずくは私の好物になりました。普段おいしくないな、と思って食べていたものを突然おいしく感じられたのが克服の大きな理由だったんじゃないかと思います。永久脱毛を熊本するならおすすめはこちら